FC2ブログ
絵本のこと&「書は人なり」?
こんにちは。

まもなくやってくる「シニアふたり暮らし」にあわせて、ものを減らすようにしています。

そのなかでも、なかなか処分できないものの筆頭が、「絵本」 。

151218A0001.jpg

いまも読むたびに新しい気づきがあったりします。

ホフマンの「クリスマスのものがたり」に、久隅守景「納涼図」と似たところがありました(?)。

151218B0001.jpg
(場面は、ヘロデ王が死んで、ようやく安心して故郷ナザレに戻ってきたところ)

まず「棚」。納涼図は「夕顔」で、ホフマンの挿絵の棚は何の植物か知らないけど

どちらも、家や身なりからつましい暮らしぶりとわかるにもかかわらず、描かれている家族たちは幸福そうな表情を浮かべているところも似ていませんか?



こんなことを書きだしたのは、昨日のA新聞「本ともクラブ」の記事が心に残ったからです。

取り上げていた絵本は「ゆうびんやのくまさん」で、以下がその書評の抜粋。
(もし興味があったら、実際の記事をごらんくださいね。)

・・・「イブ」という特別な日は、1年という流れの中にあり、その1年があるからこその幸福な1日だ。/人とのつながりも、働くということも、生活そのものも、日々を重ねて1年へと繋がっていく・・・


「とき」を丁寧に積み重ねていきたい  




【おまけ】
① 今週の月曜に投函した創作の添削が、驚異的な速さで昨日返却されました。
書だけでなく、性格や体型にもあてはまるコメント151218C0001.jpg
まさに「書は人なり」。

② Sちゃんへ。かなり強引に、納涼図と結びつけてみました +.(*'v`*)+





にほんブログ村 インテリアブログ シンプルナチュラルインテリアへ
シンプルナチュラル
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
フランス語
プロフィール

hiro

Author:hiro

hiroの本棚
最新記事
最新コメント:励みになります。
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード